まとめSUMMARY

ヘッド重量の要求性が増してきた

2019.11.09

まとめ

配信元:カスタムクラブ製作提案!

近年ダイナミックゴールドツアーイシューの出現によってより均一なヘッド重量が要求されるようになってきた。さらにその”ツアーイシュー”が刷新されてツアーイシューEXに変わろうとしている。

 

 

ツアーイシューEXは早い話”いつも同じ重量”だ。前作ツアーイシューはセット内で0.5g以内に収められた集まりのシャフトだった。しかしAセットとBセットさらにはCセットで重量に若干の違いがあった。

 

EXはAもBもCも同じ重量なので仮に混ぜても問題ないことになる。

 

それがツアーイシューEXの精度コンセプト。

 

こんなシャフトを装着することになればヘッド重量の要求性は増してくる。バランスにコダワリを見せる方がいるがバランスは持ち方で大きく変化する。短く持てば軽いバランスに変化し長く持てば重いバランスに変化する…。

 

大変気まぐれな数値だ。それよりも短く握っても長く握っても絶対に変化しない”不変数値”がある。

 

それがヘッド重量だ。

 

ツアーイシューEXのようなシャフトにはヘッド重量が管理出来るヘッドが絶対的にお勧めだ。

 

【ロッディオPCフォージド #6~#Q】JBヌーベルバーグ

 

 

ユーザー様との相談によりヘッド重量を徹底的に管理したPCフォージドを装着。

 

【6番】規格値±0g

 

【7番】規格値-0.1g

 

【8番】規格値±0g

 

【9番】規格値±0g

 

【PW】規格値±0g

 

【Q】規格値±0g

 

このように”管理”出来るヘッドあってこそシャフトが”活きる”ことになる。何gフローか分からないヘッドにツアーイシューEXを挿す必要な全くない…。

 

【三浦技研 MG-R01 52度】ツアーイシューEX S200

 

 

三浦製品にEXは絶対にお勧めだ…。

 

【ロッディオUT U3】ステラ8

 

 

本日もお疲れ様でした。

 

「ブログ」募集中!
詳しくはinfo@clubpcm.comまで

一覧に戻る