まとめSUMMARY

なんじゃこりゃ?と大丈夫?

2019.07.09

まとめ

配信元:マスター服部のうんちくブログ

ご覧いただきありがとうございます

明日7月10日水曜日は
店主コンペ参加の為
臨時休業させていただきます
何卒ご理解の程よろしくお願い致します
さて、表題のなんじゃこりゃ?大丈夫?
先ずはなんじゃこりゃからご紹介
ご紹介でご来店されたトップアマの方
紹介者さんのお使いのシャフトが気になり
試打しに来られ
いつもの調子で量産メーカーのお話をさせていただいたら
その場でリシャフトのご注文
早速クラブをバラしてみると

やっぱりね
大量のバランサーと言う
グットショットラボでは御法度のパーツ
5ーPwの6本で

おおよそ20グラム
これで数々のタイトルを取られて来たとは
かなりの腕前だと思います
綺麗にお掃除させて頂きましたので
気持ち良く振り切れると思います
お次は以前何度かご報告させていただいた
大丈夫?な事例

こちらもアイアンのリシャフトご依頼を受けて
シャフトを抜いてみましたら
挿入長がなんだか変です

接着剤の残ってる部分が21.6ミリ

ガイド付きのフェルール部を含めても26.4ミリ
しかもフェルール自体は完全に接着されてる状態では無いので
少し怖いです
実際ホーゼル内の糊粕を取り除きましたら
挿入長は32ミリありました
しっかり奥まで入れて接着し直したいと思います
各メーカーはそれぞれの思惑があり
様々な組み立て工程を経てクラブになってます
挿入長が短ければ柔らかくなりますし
それが良いと思ってるのでしたら
良いのですが
お使いの方が
少し柔らかくて球が散ると思った時に
何故なのかと
答えは明らかでした
先ずは直進性の優れたシャフトをご用意し
スパインを合わせてネックに対して真っ直ぐに接着し
ロフト、ライ角を適正な数値に調整し
長さを合わし
グリップの太さを合わして
実際のラウンドでお使い頂き
そこから少しずつ調整を重ねて
出来上がりです
個人的に量産メーカーを批判してるのではなく
調子がイマイチと言う時の原因が見えないところに隠れてると言うことです
調子良くゴルフできてる方には
予備知識として知ってて下さい
何か違和感がある方は
ご相談下さい
それでは本日も皆様のご来店、ご相談、試打お待ちしております

GoodshotLab
tyfysc

「ブログ」募集中!
詳しくはinfo@clubpcm.comまで

一覧に戻る