まとめSUMMARY

『不安障害を持つあなたがCBDオイルについて知っておくべき事』

2019.06.12

まとめ

配信元:ALBA☆究極のレッスン☆

『不安障害を持つあなたがCBDオイルについて知っておくべきこと』

少し長くなっていますが、私が分かりやすく翻訳しました。
お読みくださいませ! Toshi Hirata
CBD製品は、不安障害に対するOTC治療薬として大規模な成長を遂げています。
過去10年間で、不安障害やストレス解消のためにCBDオイルを使用する人が増え始めています。
米国での2018年の農業法案の可決と産業用大麻の完全合法化により、CBDは不安障害、鬱病、その他多くの衰弱状態に対する全国的な家庭内治療薬になるでしょう。
CBDオイル、Hempオイル、または他のマリファナ製品が不安障害、鬱病、およびストレスのための実行可能な治療法であるかどうかを確立する研究はまだ初期段階にありますが、それらを使用した人々は症状の全体的な軽減を主張します。
ここでは、CBDについての一般的な誤解、それを手に入れられる場所、それを使用する方法、そして不安障害をどのように助けることができるかについて説明します。
CBD、カンナビズオイル、ヘンプオイル、および医療用マリファナの効果と健康上の利点を理解するために、私たちはこれらのサプリメントが私たちの脳、そして結果として私たちの体にどのように影響するかを調べます。
『不安障害とは何ですか?』
不安障害は、私たちの社会が現在対処している最も一般的な感情的および行動上の問題の1つです。 
事実、世界保健機関(WHO)が発表した2017年の報告によると、世界中で約2億6,400万人が不安障害を抱えて暮らしています。
ご想像のとおり、世界中の研究者や医療従事者は、人々がストレスや不安を管理するのに役立つ新しい方法を常に模索しています。  
一言で言えば、不安は落ち着きのなさと過度の心配によって特徴付けられる状態です。 それを抱えている人達は、決断を下したり、人前で話したり、批判を容認したり、上司にレイズを求めたりするのに苦労します。
 社会不安やパニック障害から心的外傷後ストレス障害(PTSD)や広場恐怖症まで、不安は多くの「形と大きさ」で現れます。
あなたが対処しているかもしれない不安の種類に関係なく、カンナビジオールはこの状態に関連する不快な症状に対処するのを助けることができます。
『不安に対する伝統的な治療法は何ですか?』
不安の緩和のための最初の記録された大麻の使用はインドで1500年頃でした。 それ以来、専門家や医療従事者は、鬱病、心的外傷後ストレス、仕事関連ストレス、慢性疼痛、アルツハイマー病などの広範囲の脳疾患や感情的な問題に対する潜在的な治療法としてのカンナビノイドの効果の研究を行っています。
 『不安障害の治療』
不安症の最も一般的な治療法の選択肢の1つはセラピーです。 
これはあなたがあなたの問題の核心を理解して、そして癒しに向けての第一歩を踏み出すのを手助けする資格のあるカウンセラーまたは心理療法士と一緒に座ることを含みます。
曝露療法、困難な思考、またはソクラテス的質問などのテクニックを使用することで、あなたは常に心配することを助長し、不安のない人生を送るための勇気を得ることができる不合理な思考パターンを克服することができます。
『不安障害のための薬』
薬は何十年も前から、そして正当な理由で使われてきました。 あなたの不安がそれほどひどいときは、家から出て行ったり自分自身を見たりすることすらできません。療法だけでは十分ではありません。
幸いなことに、製薬業界は、不安障害のための広範囲の薬を完成させました。 しかし、他の精神科薬と同じように、抗不安薬には多くの不快な副作用があります。
その結果、一部の医療従事者は大麻やマリファナのカンナビノイドに注意を向けています。 事実、多くの専門家が、カンナビジオールが脳に有益な影響を与え、痛みを軽減し、そしてストレス、うつ病、または不安の症状を軽減できると考えています。
 『不安障害の家庭薬』
不安障害を軽減するための自然な方法がたくさんあることをご存知ですか?
瞑想、ヨガ、呼吸法などの簡単な練習で不安の症状を軽減し、全体的な幸福感を大幅に向上させることができます。 そして最良の部分はあなたが家でそれらを練習することができるということです。
『不安障害のためのCBDオイル』
インターネットでは、瞑想、軽いヨガの練習、呼吸法の練習などの指導ビデオが賑わっているので、試してみるのは恥ずべきことではないです。
これらの戦略は決して伝統的な治療法に取って代わるべきではありませんが、それらは不安に対処する私たちの人々のためにいくらかの追加の助けを提供します。
 『CBDとは』
大麻植物には数十の有効成分が含まれていますが、研究者の注目を集めたのはTHCとCBDの2つだけです。
CBDは、大麻や工業用大麻に含まれる中枢性カンナビノイド、カンナビジオールの略です。 何十年にもわたる研究は、中等度の投与量で、CBDには多くの健康上の利益があると結論づけています。
THC(テトラヒドロカンナビノール)とは異なり、カンナビジオールは脳に精神的な影響を与えません。つまり、誤った投与量でも「ハイ」なることはありません。
 CB1受容体に直接影響を与えることによって、CBDはあなたのセロトニンレベル – 気分障害に大きな役割を果たす神経伝達物質に影響を及ぼします。  
そのため、不安障害、ストレス、およびうつ病にCBDオイルを使用することが大きな選択肢となる可能性があるのはそのためです。
それがカプセル、ヘンプオイル、蒸気を吸い込むオイル、純粋なCBDオイル、CBDグミ、または他の食用の形で来るかどうかにかかわらず、カンナビジオールはちょうど精神衛生の次の突破口かもしれません。
『CBDオイル効果』
あなたが不安障害のような感情的な問題に対処していて、精神科の薬物療法の不快な副作用に耐えるのが非常に難しいと思うならば、CBDを含むヘンプオイルまたは他のどんな大麻製品も良い選択肢かもしれません。
 Journal of Psychopharmacologyに発表されたある論文が示唆しているように、人間と動物の両方の研究は、大麻とマリファナに含まれる主な化合物の1つであるカンナビジオールは不安の治療法として役立つことを示しています。  
事実、ある臨床試験では、CBDオイルが慢性疼痛、多発性硬化症、アルツハイマー病から鬱病、ストレス、そして不安に至るまでの幅広い範囲の症状に有効であることが明らかにされています。 さらに、それは血圧を下げ、そして天然の抗炎症性サプリメントとして作用することができます。
そしてCBDオイルは、特定の不安を抱えている人々にとっても非常に役立ちます。 
例えばNeuropsychopharmacologyに発表された2011年の研究は、カンナビジオールが社会不安、最も一般的なタイプのパニック障害の1つを軽減できることを明らかにしました。  
 一言で言えば、カンナビジオールはそれを考慮する価値があるサプリメントにする重要な健康上の利点を持っているようです。
 『CBDはあなたをハイにしますか?』
不安のためにCBDオイルを使用すると「ハイ」になるのではないかと心配する人も多いでしょう。
幸いなことに、脳に精神的な影響を与えることはないので、CBDで「ハイ」になることは不可能です。
カンナビジオールはあらゆる種類の神経伝達物質受容体に干渉しますが、一言で言えば「ハイ」は常にTHCの結果です。 
そして、それがあなたを納得させるのに十分でないならば、CBDオイル、ヘンプオイル、および他のカンナビジオールベースの製品が世界中のほとんどの国々で利用可能であることを覚えておいてください。
 『CBDは中毒性がありますか?』
この質問に対する最も直接的な答えは「いいえ」です。 
雑草やマリファナ製品の使用とは異なり、カンナビジオールの使用は中毒性がありません。
2018年に世界保健機関によって発行されたある報告は明らかに述べているように、現在のところ公衆衛生上の問題(例:麻薬事件の影響下での運転、併存疾患)は純粋なCBDの使用に関連していない。  
もっと高用量を服用しても、カンナビジオールにはまってしまうことはありません。
『CBDは安全ですか?』
カンナビジオールは、さまざまな医学的および心理的状態の治療に有効であることが証明されているので、CBDベースの製品は安全であると合理的に想定できます。 
実際、世界中の何百万もの人々が、医学的合併症を経験することなく、このサプリメントを定期的に使用しています。
さらに、ヒトと動物の研究は、カンナビジオールがマウスの大腸炎を予防することができる安全な化合物であることを明らかにし、結腸癌の化学予防サプリメントとしても作用することを明らかにしました。  
全体的に見て、不安のためにCBDオイルを使用することは伝統的な治療法に代わる完全に安全で驚くほど効果的な代替法であると専門家は同意することができます。
『CBDの副作用』
しかし不安や他の条件のためにCBDオイルを使用することが安全であるという理由だけで、このサプリメントに関連する副作用がないという意味ではありません。
脳や体の正常な機能を妨げる物質と同様に、CBDは比較的不快な副作用をいくつか引き起こす可能性があります。
最も一般的なものは以下のとおりです。
 口渇
 食欲の変化
 低血圧
 めまい
 気分の変化
 吐き気
 下痢
CBDオイルはどのように不安を解消するのか?
多くの不安障害患者は、ヘンプオイル、CBDオイル、その他の同様のサプリメントを使用して、よりよい睡眠を摂り、この感情的な不安に満ちた考えを和らげています。
The Permanente Journalが2016年に発表した1件の症例報告は、カンナビジオールが心的外傷後ストレス障害に伴う不安と不眠症の安全な治療法である可能性があることを明らかにしました。
『不安のためのCBDオイル』
しかしそれだけではありません。 マウスで実施された2013年の研究は、CBDの反復投与が海馬の神経発生(海馬におけるニューロンの再生)を引き起こす可能性があることを明らかにしました。  
海馬は認知と記憶を担う脳の領域です。 
鬱病または不安障害の患者の場合、この脳の領域はより小さくなる傾向があり、特有の非合理的思考パターンが見られます。
全体的に見て、カンナビジオールは単なるプラセボではなく、様々な脳領域や神経伝達物質受容体の機能に直接影響を与える可能性がある化合物です。
合理的できちんとした用心深い人は、不安障害のためにCBDオイルを使うことについて研究者が何を言わなければならないか疑問に思うかもしれません。
カンナビジオールは不安を軽減できるだけでなく、広範囲の心理的状態や脳障害に伴う症状を軽減するのにも役立ちます。
私が上述した研究が示唆しているように、CBDは以下に対して有効な治療法であることが証明されるかもしれません。
 心的外傷後ストレス障害
 全般性不安障害
 社会不安
 うつ病
 不眠症
 応力
 神経化学とCBD
あなたは人体がカンナビノイドを処理するために明示的に設計された組み込みシステムを持っていることを知っていましたか?
それは「内在性カンナビノイド系」と呼ばれ、恒常性、すなわち健康な内部バランスを維持するための体の能力において主要な役割を果たしています。 これは、CBDオイルと他の派生サプリメントが睡眠、食欲、気分、そしてその結果として我々が与えられた瞬間に経験するかもしれない不安のレベルを調整できることを意味します。
しかし、本当に魅力的なのは、この化合物が身体の不安に対する反応に関与する脳の受容体に大きな影響を与える可能性があるということです。
例えば、カンナビジオールはSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬) – 不安と鬱病のために特別に設計された精神科薬のカテゴリー のように働きます。 あなたのセロトニンを正常なレベルにすることによって、CBDベースのサプリメントは不安障害の症状を大幅に減らすことができます。
『不安障害のためのCBDオイル投与量』
 FDAはCBDを幅広い範囲の医学的および心理的状態の補足として承認していますが、それはまた、厳しい医学的状態に対する「100%保証」の治療法としてカンナビジオールを販売する会社に対してもしっかり指導しています。
しかし不安障害のためのCBDオイルはFDA承認の治療法ですが、専門家たちはいまだに正しい投与量を決定することが難しいと感じています。 あなたは正しい処方量を見つけること、体重と年齢から症状の強度まで幅広い要因に左右されるということを心に留めておく必要があります。
幸いなことに、カンナビジオールは安全で非精神活性の化合物なので、危険なほど高用量を服用することを心配する必要はありません。 起こりうる最悪の事態は少し吐き気やめまい、あなたが用量を下げる必要があることを示す症状を感じることです。
それに加えて、あなたは医療専門家に相談するか、メーカーに尋ねることによってあなたのための理想的な処方量を決定することができます。
 『結論:CBDは不安の治療に役立つか?』
 総体的にマリファナ、大麻、または大麻由来の製品(例:CBDオイル、ヘンプオイル、カンナビズオイルなど)は、不安やうつ病などの気分障害の効果的な治療法になります。
実際、Chemistry&Biodiversityによって発表された2007年の研究が指摘しているように、CBDで観察された薬理学的効果が非常に多いため、この化合物は非常に魅力的な治療薬となります。

「ブログ」募集中!
詳しくはinfo@clubpcm.comまで

一覧に戻る