トピックスTOPICS

【パターシャフトの重要性】を教えてくれた、キャロウェイゴルフ・オデッセイ『ストロークラボ』パターの完成度〜今週発売ALBA「ギア総研」に登場します!

2019.07.08

トピックス

CALLAWAY GOLF

ODYSSEY『STROKE LAB』

重ヘッド&重グリップで「高MOI」パターを実現

 現在大人気のオデッセイ『ストロークラボ』パター。パターシャフトの「重要性」をゴルファーに広く教えてくれた画期的パターといっても過言ではないのではないだろうか。

 今まで数々のパターヘッドやフェースインサートを世に送り出し、「スコッティーキャメロン」パターと人気を二分するブランド。

現代の大型ヘッドや高MOIパターヘッドをさらに追求した「クラブとしての完成度」にこだわった新発想のパターが『ストロークラボ』と言える。

世界のトッププロがこぞって愛用

スチールシャフトとカーボンシャフトの【長所を融合】

 スチールシャフトとカーボンシャフトを接合したシャフトは、以前からグラファロイ「バイメトリックス」がある。

 しかし、「パターストローク改善のため」「現代パターヘッドに合う」ために、パターシャフトの導入する発想は今までに無かった。

「PCM Labo」でパターシャフトのEI(しなり剛性)を計測したところ、スチールとカーボンの接合部をはじめ、【高い剛性】で不必要な挙動を抑制。

豊富なヘッドラインナップで「操作性」を選べる

 加えて、豊富なヘッド&ネックから「操作性を選べる」のが『ストロークラボ』最大の長所。

 すでにトップブランドでありながら、ヘッド、シャフト、グリップまでを緻密に開発・製品化した『ストロークラボ』パター。

 「打ったことない」で、果たしてクラブの専門家を名乗って良いのだろうか。

ALBA「ギア総研」では

元フジクラシャフトのトップアマチュア・甲斐氏と試打を敢行

 ALBA「ギア総研」連載では、フジクラコンポジットの元社員・甲斐氏(写真・右)をテスターに迎えて、全モデルの試打を敢行。

 7/11(木)発売『ALBA』誌にて公開予定。

ぜひご覧いただきたい。

「MIRAI GOLF」菅野ギア&スイングコーチも興味津々

 試打を行なった「インドアゴルフレンジKz亀戸店」でレッスンを行なっている、『MIRAI GOLF』菅野氏も現場を視察。

「スタビリティーシャフトが流行ってますが、やっぱりこれを知っておかないと」(菅野)

と、現在のパターシャフト注目の「原点」に注目している。

一覧に戻る